モコブログ 司法書士試験の合格体験記をめちゃくちゃ書くブログ

デグーと暮らす兼業司法書士受験生が試験に合格するまでを書いていきます。

【司法書士試験】諦めようと思った瞬間


スポンサードリンク

【資格試験】実力よりも気持ちで負けた瞬間

※こちらのコンテンツには広告及びアフィリエイトの掲載がございます。

 

 司法書士試験は合格率4%前後の難関資格試験です。

 

 受験期間も長期に及ぶことが多く、途中で挫折する受験生も少なくありません。

 

 私も1年以上をかけて、必死に勉強してきました。

 

 今回は私が受験を諦めようと思った瞬間について書いていきます。

 

目次

 

1.挫折の危険は何度もあった

 受験をやめようと考えたことは何度もありました。

 

 タイミングとしては、勉強を始めて1ヶ月経った頃、お試し受験から2週間程経った頃、会社法に苦手意識が出始めた頃、仕事が忙しい時期などに危険信号が出ていました。

 

勉強を始めて1ヶ月程経った頃

 

 勉強を始めて少しすると勉強量の多さを改めて実感し、やる気がなくなりました。

 

 勉強習慣がついて間もないこともあり、勉強に多少苦痛を感じる時期でありました。

 

 勉強習慣が安定してくると勉強が生活の一部になったことで、勉強をスタートする時のハードルが低くなり、そこまでの苦痛を感じることはなくなりました。

 

 勉強期間が長期に及ぶ場合、最初飛ばしすぎると失速するのが早くなります。

 

 まずは毎日勉強するというのが大事になってきます。

 

お試し受験から2週間が経った頃

 

 私はお試し受験を経験していますが、その後しばらくは興奮もあり勉強にも勢いがありました。

 

 それから徐々にその記憶や気持ちが薄れ、思うように集中できない日が続きました。

 

 とりあえず毎日勉強するようにはしていましたが、仕事が忙しい日などは講義を聴くのもやっとでした。

 

 この時1日でも勉強をしない日があったら危なかったかもしれません。

 

 そのまま勉強しない、もしくはスピードがかなり落ちてしまった可能性が高く本試験に間に合わないなんてことになってしまったかもしれません

 

会社法に苦手意識が出始めた頃

 

 苦手なものがあると勉強のスピード感が鈍ります。

 

 勉強時間が長いにも関わらず思うように得点出来なかったので、会社法が私にとって苦手であると認識しました。

 

 私は苦手意識があると中々勉強する気力が起きず、少し放置してしまう傾向にありました。

 

 ケータイ司法書士に出会い苦手は徐々に解消されていきましたが、勉強しているにも関わらずその努力が反映されないことに不安を覚え、そのまま放置していたら危ない状況でした。

 

 主要科目での挫折は危険なので早めに解消することをお勧めします。

 

仕事が忙しい時期

 

 私が受験を諦めようと思った最大の原因は仕事との両立でした。

 

 忙しい時期は残業をする日が続いた時、疲労感から帰宅後勉強する気力を出すのは中々にハードでした。

 

 どうにか机に向かっても仕事の事を考えてしまったり、強烈な眠気が襲ってきて思うような成果を得られない日も多々ありました。

 

 かと思えばベッドに入るとナゼか眠れず、不眠症と戦う日々に気持ちもついていかない時期もありました。

 

 それでも何とか勉強するという意志だけは持ち続け、合格することができました。

 

 勉強は一度止めてしまうと再開するときより労力が必要です。

 

 諦めてしまうと合格の可能性がゼロになってしまいます。

 

 どうにか踏ん張り乗り越えていってほしいです。

 

 

2.諦めようと考えたのは直前期に多かった

 受験は気持ちで負けないというのも大切になっていきます。

 

 受験期間で気持ちで負けそうになったことは何回もあります。

 

 その度に自分を鼓舞して何とか受験し合格することができました。

 

 諦めようと思った瞬間が一番多かったのは学習初期ですが、一番危険だったのは直前期です。

 

 これは点数がどうというより、気持ちの問題でした。

 

 プレッシャーに負けそうになりこの状況から早く抜け出したいという思いから、受験を来年に先伸ばそうとしました。

 

 本当に先伸ばしていたら今頃まだ合格できずにいた可能性が高いです。

 

 恐らく次の年も同じようなことを考え、ズルズル受験期間だけ伸びていたことでしょう。

 

 チャンスを自分から潰すのはもったいないです。

 

 結果がダメでも無理だと思っても、受験だけはした方がいいです。

 

 気持ちで負けずにチャレンジしてほしいです。

 

 

3.まとめ

 継続するというのが一番難しいです。

 

 続けていれば実力はついてくるものです。

 

 受験初期の危ないポイントは勉強習慣がつく前です。

 

 受験中期は中だるみの時期になってきますので、ここも勉強を継続できなくなるポイントになります。

 

 最後に直前期は気持ちの問題が大きくなっていきます。

 

 それぞれのポイントを乗り越えることで、合格が見えてきます。

 

 諦めようとした瞬間については過去にも記事を書いているので、そちらも見ていただけると嬉しいです。

 

aotya25.com

 

 

4.次回の予定

 次回は学習初期にしてはいけないことについて書いていく予定です。

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

書店で一番売れているビジネス誌『週刊ダイヤモンド』1冊あたり398円【送料無料】

 

5.モコブログの日常

f:id:aotya25:20240514103220j:image

 GWからしばらく経ちますが、皆様有意義な時間を過ごされましたでしょうか。

 

 私は特にどこか出かけるわけでもなく、勉強やら家庭菜園やらであっという間に時間が過ぎていきました。

 

 家庭菜園に関しては今季少し数を増やし12種類程育てています。

 

 中にはまだ育苗中のものもありますが、概ね順調に育っています。

 

 今年初挑戦するのはカラシナ、パクチー、イチゴです。

 

 イチゴは四季成りのもので、ピンクの花が咲くラブベリーという品種です。

 

 春は栽培できる品種が多く楽しみが増えるので、ストレスも感じにくくありがたいです。

 

 今回の写真はラブベリーの花です。

 

 

『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!